読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ruby on railsでwebアプリケーションを作った

勉強と趣味を兼ねて、ruby on railsでwebアプリケーションを作りましたので、所感を書きます。

 

成果物はこれ。 

午後ローデータベース

みんな大好きテレ東「午後のロードショー」のデータベースです。

日にち、タイトル、特集から映画を検索することができます。

 

まずは学習。

ドットインストールと公式チュートリアルをやりました。

ドットインストール Ruby入門

ドットインストール Ruby on Rails 4入門

railstutorial.jp

 

これで、だいたい概要をおさえました。

あと、分からないことは、調べながら進めていく。

ドットインストールは要点のまとまり具合は、本当に素晴らしいです。

 

開発の流れは、

データベースを設計。

モデルを作成。

コントローラ、ビューを作成。

こんな感じでやっていきました。

 

まず、コマンドでテーブルとモデルを作成。(DDL不要)

作成されたモデルにテーブルの関連を書くと、ActiveRecordというORMでテーブルアクセス処理を提供してくれる。(SQL不要)

この仕組みはCakePHPに似ていて、javaのentityをいちいち作るのは面倒ないので、この単純さは好き。(CakePHPRuby on Railsを基に作られている)

あとは、コントローラに業務処理、ビューに画面生成処理を書いて、ルーティングを設定。

この繰り返しでやりました。

 

ライブラリも管理されていて、サイト情報取得にnokogiriバッチ処理wheneverを使いました。

こういった便利機能が手軽に利用できるところも助かります。

asset pipelineは使いませんでした。

 

開発環境は、以下を利用。

os:CentOS

webサーバ:nginx + unicorn

データベース:sqlite

バージョン管理:git

 

単純なサイトというのもあったと思いますが、印象としては、サクサク開発できて、楽しかった。

このサイト、全然、アクセスがないので、もっと検索されるようにしたいと思います。