シブサワ・コウ 0から1を創造する力

シブサワ・コウ 0から1を創造する力

を読みました。

 

昔は「三国志」が漫画、人形劇などで、大好きだったので、光栄のゲームもよく遊んでいました。

ただ、光栄のゲームは高額なので、子どもには、多すぎるシリーズを追えなくなったのか、しばらくすると遊ばなくなりました。

ですが、最近、司馬遼太郎の「国盗り物語」を読んだら、また、無性にやりたくなり、PSPでダウンロードして、遊んでいます。

いまは廉価版があり、昔のゲームが安価に遊べるので、助かります。

 

歴史シミュレーションゲームって、結局、そんなに駆け引きはなくて、同じことの繰り返しになってしまうんですが、実在の人物を操れるというキャラクターものとして不変の面白さがあると思います。

世界観を楽しむのであれば、何度でも遊べる。

また、年齢的にもアクションは、しんどくなってきたので、落ち着いて取り組めるゲームがやりたいという気持ちにもヒットしました。

と、そんな経緯で、本書に興味を持ちました。

 

内容は、シブサワコウ=襟川社長の歩みです。

光栄は、最初は染料問屋だったんですが、奥様からパソコンをプレゼントしてもらい、趣味で始めたゲーム作りを本業にしていったそうです。

もともと、ゲームと歴史が好きでということなんですが、独学で始めたことをここまで発展させているわけで、技術者としても、経営者としてもすごい方だなと思いました。

好きと才能について考えさせられます。

 

光栄はアダルトゲームを作っていた時期があるとか、ジンギスカンは世界で売れなかったとか、ファンには、ゲーム話が非常に興味深いのですが、仕事術の話としても面白いです。

 

仕事術の話としては、困難に前向きに取り組む、商品に自信を持つ、コンセプトが大事とか、一見、普通なことが書いてあるんですが、襟川社長の語り口がとても誠実なので、仕事の基本を見直させられます。

個人的には、部下に仕事を任せるときの基準は、成功の可能性が6割あると感じたときというのは、実践したいなと思いました。

 

メディア露出も多くて、話が面白いので、私が見た動画を貼りますね。

ゲームと歴史が大好きということは疑いがなく、人当たりの良さも好印象で、よりファンになると思います。

 

ゲームセンターCX

 

・神奈川ビジネス Up To Date

 

伊集院光とらじおとゲストと